お花の教室は儲からない?は本当か

お花屋さん経験者
がて美さん
がて美さん

お花の教室開業のために検索していたら「お花の教室 儲からない」っていうキーワードが出てきたんです。
本当でしょうか?

きくち
きくち

がて美さんはどう思いますか?

がて美さん
がて美さん

確かにお花屋さんで働いていても、お花は生ものだからロスか多いって感じるし、お花によってはロットが大きいのは確かなので…
そうかもしれないなぁ…と不安になってきました。

確かに「お花の教室 儲からない」と検索すると、そういうところあるよね…という結構リアルな数字が書いてあるサイトも見かけます。

お花の教室って、本当に儲からないのでしょうか?

お花の教室をしていくためにかかる経費はどのぐらい?

お花の教室を運営していくためにかかるお金、つまり経費と呼ばれるものにはどんなものがあるでしょうか?

今回は起業初期にそろえるべきもの省き、毎回のレッスンでかかるものにのみ着目して見てみましょう。

資材費

何よりも材料費がかかりますよね。

まずは資材費。

主なものは、吸水スポンジや器、季節ものの場合はピック、お持ち帰りの際などに作品を包むセロファン、お持ち帰り袋などでしょうか。

ものによってはまとめてドーンと購入するしかないものもあり、たくさん生徒さんが集まるまでは少しずつ使っていくものもあるので、使いきれなかったら損してしまいますね。

かといって、単品とか少量で購入するとかなり割高だったりもありますね。

花材費

これが一番頭を悩ますかもしれませんね。

まずロットがあります。

お花によって、買える単位の本数が違ってきます。

10本単位のものもあれば、50本単位のものもあります。

つまりですね。

生徒さんの数が多ければ多いほどいい、とは言い切れないのですよ。

1人10本使うとします。

5人申し込んでもらえれば、50本単位の花材はちょうどよいですが、6人になると…100本買うしかないんですよね。

すると一気に40本のロスってことになります。

つまり、ロットによるロスってことも起きるわけです。

また、お花は生き物なので、枯れてる、つぼみの状態のものが多い、といったロスも出ます。

せっかく仕入れた10本ですが、1本枯れていたってこともあります。どんなに確認したとしてもです。

そういうことがあるので、10人だから10本、のような単純計算にはいかないこともあります。

ロスを考えて多めに買うこともあるってことです。

これを見ると、いかにお花って厳しい商材かってわかりますよね~

場所代

自宅教室ならよいですが、外部のレンタルスペースなどを利用するとなると、そこの利用代がかかります。

諸経費

レッスンごとではありませんが、所属団体への年間加盟料などが発生することもあるでしょう。

それと、仕入れに伴うガソリン代や高速道路代などの運搬費、冷暖房費、水道光熱費、インターネットやスマートフォンは必須ですから通信費などがかかっていますよね。

儲かる=レッスン料から経費を引いたもの? 「儲かる」の意味

ここで、そもそも「儲かる」という概念がどういうこと?について考えてみたいと思います。

生徒さんから徴収したレッスン料から、経費を差し引いたものがプラスなら「儲かった」という人もいれば、集客までの努力などもきちんと計算に入れて、自分の時給も考えて差し引いたもので考える人もいると思います。

自営業の世界で、材料費がかかるジャンルの場合、前者でとらえていらっしゃる方が多い気がします。

「好きでやっているから」
「楽しいから」
「趣味だから」

と言って。

でも本当は、自分の労力分はきちんと計算に入れて、その上で利益が出るようにしていく。これが、そもそもビジネスってそういうものなんですよね。

お花の業界って、「お花が好きなので」と言って、ボランティアちっくになってしまっている方が多い気がします。

「楽しいから」だけではお花の教室は続かない

「みんなが喜んでいる顔を見ているだけで楽しいから」
「お花と触れ合えればそれだけでいいの」

といった考えはいずれ破綻します。

「やりがい」っていうものは、やはり利益が出て初めて感じられるものだからです。

必死に集客して、単発のレッスンを開催して。そしてまた必死に集客しなければならない。

それでは行きつく島がありませんよね。

そしていつもいつも集客の不安がぬぐえない。

それを続けていたら、疲れてしまってやめたくなるのは目に見えていると思いませんか?

お花の教室は儲からない? 結論: 従来のやり方では難しいかもしれません

つまり、長く生徒さんが通ってくれるような、そんなレッスン内容を考えなければ、ただでさえ利益が出にくいお花の教室では、なかなか「儲からない」のは事実なのです。

これまでの普通の「資格取得レッスン」では正直厳しいと思います。

逆に、です。

お花を習いたい人が本当に求めているものは何なのか?をしっかり考えて、それにこたえられるカリキュラムを作っていけば、正直「儲かります!」

その方法が知りたい方は、ぜひ「花教室の学校」へいらしてみてくださいね。

がて美さん
がて美さん

なるほどです。

今学んでいることは、まさにそういうことなのですね。

きちんと利益を出せる教室になるように、がんばります!

タイトルとURLをコピーしました