今月のレッスンスケジュールはこちらから !

お花のデザインという冒険のための心得や道具の使い方を学べます

先日の投稿で、フラワーアレンジメントはお宝さがしの冒険だ!
というお話をしました。

あわせて読みたい
フラワーアレンジメントは、お宝探しの冒険のようなものなのだ フラワーアレンジメント初心者のみなさん。 上手な人って、頭の中に設計図があって、 それに向かって挿しているんでしょう? 私にはそれがないんだもの。 最初の一本さえ...

すでにお花を習っている・習っていた方にも、いま持っているデザインの世界を広げるためにも、ぜひ冒険の心をもって、いろいろなデザイン・花材にチャレンジしてほしいな、と思います。

ですが、ですが。
初心者の方に対して、何もわからないのにいきなり冒険に出かけなさーい!というのは無茶な話ですよね。

また、お花にチャレンジしてみたいけどセンスないし…という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におススメなのがにこはなが提供させていただいている「花こころマスターコース」なのです。

まず冒険を始めるときの初めの一歩としておすすめなのが
このコースのファーストステップである「花はじめレッスン」なのです。

このレッスンでは、
冒険に向かう心得
とか
宝物を見つけるための道具の使い方
などをお教えしています。

フラワーアレンジメント レッスン 基本
これは花はじめのレッスン作品の一つ。みなさん、目からウロコ~の回です。

目次

フラワーアレンジメントという冒険に向かう前に必要なココロの準備

まず、冒険に向かうための心がまえなのですが、それは一体何だと思いますか?

実は、「フラワーアレンジメントはこういうものに違いない」という先入観をなくしたまっさらな心なのです。

いろいろな画像とかお店などで見かけるお花の形をインプットして、「フラワーアレンジメントってこういうものだ」というものをイメージを固めてしまわないでください。

それに近づけようとする=正解を見つけようとすれば、あなたの中にある、またはあふれ出てくるはずのたくさんのイメージが見えなくなってしまいます。

素敵なお花を目の前にすると、誰でもがワクワクってします。

どんな風にしよう♪この子をここにいてもらって…とスタートは自分のしたい方向に進める人は意外に多いです。

ところが、途中で、

「あれ?思っていた形にならないぞ。バランスが良くない。どうして?」

という正解探しの沼にハマっていってしまうのです。

なので「花はじめレッスン」では、一度「フラワーアレンジメントとは」についてのあなたのイメージをいったんクリアしていただいて、いま目の前にある作品が「どう見えるか?」に意識を集中してほしいなぁ、と思います。

それができれば、あなたのお花を見る目が変わっていくはずだから。

このお花で何ができる? の旅のために必要な道具たち

あなたがフラワーアレンジメントの冒険に出かけて、素敵な作品にたどり着くために必要な道具があります。

それは、
目線の位置や手の動かし方・全体への目配りの仕方などなのです。

人はどこかに意識が集中すると見えなくなるものがあったり、基準となるものが間違えていたりすると違ったものに見えてきたりします。

また、自分でお花をここに入れたつもりが入っていないということも。

実は、手の動かし方のコツがあるのです。

その辺りがしっかり身につくと、冒険に出かけた時にものすごーく役に立つのです。

何をしているのかよくわからないけど進んでみるのが大事!

ものすごく大切なことをお教えしているこのレッスン。

でも、このレッスンを実際にやっているときは、本人はその意味や意義には気づけなかったりします。

とくに前半は無我夢中という感じ。

「私、うまくなっているのでしょうか( ;∀;)?」という言葉もよく出ます。

もしかしたら、「これはこうあるべき」という意識の強い方程つらいかもしれません。

でも、そこを講師を信じてついていってほしいのです。

後半に向かうにつれ、「なるほど!」がどんどんわいてきますから。

「あの時やったあれは、ここにつながるんですね」

これもよく聞く言葉です。

花はじめレッスンで学ぶことは、とてもとても大切なことなので、しっかり身に着けてほしいのです。

だから、手取り足取りマンツーマンでしっかりレクチャーさせていただいています。

冒険を始める前にオススメの「花はじめレッスン」について、詳しく知りたーいという方はこちらでご確認くださいね。

3f9197f554b3707be89a993acc3eaf09_sお宝はどこかにゃ

一緒にお宝探しの冒険に出かけませんか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる