にこはなのキッズフラワーアレンジメントは”こども”だからといって年齢でレベル分けはしません

ちょっと前までは、お花を習わせたいって思うご家庭は本当に少数派でした。

ですが、ここ1年、ものすごく増えてきている印象です。

その理由は全くわからないのですが、「お花を活けるテクニックが身につく」というそのままの目的の元、にこはななら何かプラスαが得られるのでは?という期待をもってくださっているようなそんな雰囲気が感じられます。

子供でも本格的に教えてくれる習い事を探していました

現在、キッズフラワーアレンジメントに通ってきてくれている、あるお子様のお母様の
体験レッスンにご参加いただいた時の言葉が印象的でした。

 

悩める母
芸術系の習い事をいろいろと探したのですが、子供向けのがなくて…
にこはなさんはこどもでもしっかりやらせてくれる、というのが魅力でした

 

聞けば、お子様は理解度が年齢以上のものがあって、特にクリエイティブなことが得意。
そこを生かして伸ばしてあげられないか?といろいろな習い事を探していらっしゃったのだそう。

でも、実際には、ほとんどの習いごとは大人が対象ですよね。

私も娘の不登校時代、なんとかレッスンを受けられないか?と問い合わせてみたことがあります。
もちろんあっさり断られましたが(;゚ロ゚)

その点、フラワーアレンジメントの世界は、最近はキッズ向けのクラスがあるところが多いです。

でもですね。その中身はというと・・・

見本に従って、グループで一斉に作品を作り、
「みんな上手にできました」
と総評されて終わり、のところがほとんどだと思います。
(大人のレッスンもそんな感じのところが多いですが…)

年齢によってクラスを分けられたりレベルを分けられたり。
本当にそれでよいのでしょうか?

キッズフラワーアレンジメント 教室

教える人間はその子の個性や理解力を見て育てることが大切

菊池の娘も実際の年齢と頭の中の年齢にギャップがある子でした。
だから、「子供を年齢で分けること」には反対派。

理解力がある子はそれに合わせてどんどん成長したいって本人は思っているから、
それを尊重してあげればもっともーーっと伸びていくことでしょう。

それを「子供だから」と制限をかけることはもったいないです。

反対に発想が豊かな子はゆっくりとそれをはぐくんであげた方が絶対良いので、
「教える」という行為をしてしまうと一番良いところをつぶしかねないのです。

それぞれの個性や理解の度合いを見て、教え方や教えるスピードを変える、というのは、大人にも子供にも大事なことだと思うのです。

教えるという仕事を選んだ方たちには、「子供だから」という偏見をなくして、子供たちの”チャレンジしたい”という気持ちを受け入れてあげてほしいなぁ、と思うのです。

キッズフラワーアレンジメントはどんどんレベルアップします

ちなみににこはなのキッズフラワーアレンジメントレッスンは、
そのあたりを見極めてレベル分けをしています。

でも、間違えないでほしいのは、「レベル=うまい下手」ではないということ。

その子の今の理解力・発想力ではこのクラスが一番伸びる!
そういう視点でクラス分けをしています。

HP上での案内は「はなはじめ」と「はなあそび」の2つですが、実はその上にまだクラスがあります。

「はなはじめ」と「はなあそび」コースは、
お花の取り扱いになれること
フラワーアレンジメントにおいて絶対に守らなければならないルールを知ること
を目的としていますが、基本的に楽しくお花と触れ会うことを大切にしています

「はなあそび」コースで身につけてほしいことができるようになって、なおかつ
先生のアドバイスを聞いて「やってみよう」と思う心
本人の理解力の度合い
「自由にやりたいの」という気持ちから「上手になりたい」という気持ちの変化が見られる
そういう場合には、「ジュニアコース」への進級を提案させていただいています。

ジュニアコースは、「お花が好き」「お花とふれあうと楽しい」という気持ちを大切に、少しずつテクニックやコツをちりばめて行きます。

正直、大人顔負けの作品を作れる子たちもたくさんいます。

どんどん上手になっていく子供たち。
これから先が楽しみです。

自分のかわいい!を形にできるようになる花教室です

趣味だけど本気が楽しい。
そんなオトナのための花教室
niko*hana -にこはな-
JR総武線 下総中山駅から徒歩13分
東京メトロ 原木中山駅から徒歩7分

今の自分を変えたい!と思ったあなたへ

もしかしたらお花との出会いが
あなたの毎日を大きく変えてくれるかもしれません。
niko*hana -にこはな-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です