オトナの母の日ギフトは自分で作ったとびきりかわいいアレンジメントがおすすめ!

母の日フラワーアレンジメント

もうすぐ母の日ですね。

日本では母の日は5月の第2日曜日。
2018年は5月13日です。

もう母の日のギフトは決まりましたか?

そもそも母の日とは?

いろいろなイベントっぽい行事だとその起源や意味がとても気になったりするのですが、
思えば「母の日」って名前が和っぽいし、あまり疑問に感じたことはありませんでした。

そういえば・・・と突然疑問がわいてきたあなたのために(笑)、ちゃちゃっと検索してみました。

日本における母の日は、どうやらアメリカの方から伝えられたもののようです。

“母の日”の原型のようなものはもっと前からあったようですが、
アメリカで、母の日が現在のような「母に感謝の気持ちを伝える日」となったのは、アンナ・ジャービスさんという方が亡きお母さまにカーネーションを贈ったことが起源のようです。

そして

1913年に青山学院で、母の日礼拝が行われた。アンナ・ジャービスから青山学院にメッセージが届き、当時青山学院にいた女性宣教師たちの熱心な働きかけで、日本で「母の日」が定着していくきっかけとなったとされる。(Wikiより)

母の日自体は、世界中にあります。
ですが、何日か?に関しては各国でまちまち。

そして母に捧げるプレゼントもいろいろみたいです。

日本ではカーネーションが基本というイメージになっていますが、オーストラリアでは名前にお母さんという意味の”mum”がつく、菊の花だそうですよ。

ピンポンマムこんなもこもこしたマムなら、かわいいですよね♪

オトナのあなたにオススメするのは、自分で作って贈る母の日リース

母の日というと通販などでさっとカーネーションや鉢植えを注文して送ることが多くて・・・

それがなんとなく味気なく感じてきたり、鉢植えがお家にたまっちゃう・・・ということで、何かお菓子でも贈ろう。

だんだんとお菓子も食べきれないから何もいらないわ、なんて声が聞こえてきちゃったりしてませんか。

そんなオトナのあなたにオススメしたいのが、やっぱり生花の贈り物!

生花は長く楽しめないし、残らないし・・・なんて、ネガティブに思いがちですよね。

でも、周りを見渡してみてください。
モノ・モノ・モノ・・・

私たちの周りはモノであふれています。

「生花は長く持たない」「残らない」

一見ネガティブなその事実は、実は生花のメリットであったりもするのです。

「生花は長く持たない」=命の輝きというパワーを持つ

生花は生き物ですから、生きているものならではのパワーを持っています。

生花は開けた瞬間に「わぁっキレイ!」というとびきりの体験と命の限りそこにいて、「生」のパワーを送り続けてくれるけなげな子です。

「生花は残らない」=邪魔にならない

命があるのでお別れのタイミングが明白です。
存分にお花のパワーを頂いたら、送り主に気兼ねすることなく、お花に感謝しつつ処分することができます。

開けた時の感動や飾っている間の気持ちよさという「体験」だけ残して、去っていくのです。

残るものだと「実は好みじゃない」という場合でも、捨てるに捨てれず…そんな場合もありますもんね。

母の日フラワーリースこれはサンプルです。あくまでイメージです。

見ているだけでやさしい気持ちになれるフラワーリースを作って贈りませんか?

そこでにこはなが提案したいのは、自分でフラワーリースを作って贈るフラワーギフトです。

お母様への感謝の気持ちを思い浮かべつつも、お花との時間を楽しんでしまいましょう。

まずは自分がたっぷり楽しんで、さらに贈って喜ばれる。
まさしく一粒で二度おいしいギフトです。

もし忙しくて自分で作る時間がない・・・そんな場合は、にこはなが代わりに制作・梱包・発送まですることも可能です。
お問い合わせくださいね。

レッスン期間:5/10(木)~13(日) *母の日までに設定してありますが、遅れてもOKであれば5/16(水)までレッスン可です。
       時間は9:00~21:00の間で、ご希望に合わせて設定可能です。

レッスン料:¥7,800 (資材・花材・レッスン代すべて込み)
                      花こころコースメンバーさん ¥6,500
                      リースクラブ卒業生 ¥6,000

ご希望の方は、梱包・発送承ります。

母の日フラワーアレンジメント

自分のかわいい!を形にできるようになる花教室です

趣味だけど本気が楽しい。
そんなオトナのための花教室
niko*hana -にこはな-
JR総武線 下総中山駅から徒歩13分
東京メトロ 原木中山駅から徒歩7分

今の自分を変えたい!と思ったあなたへ

もしかしたらお花との出会いが
あなたの毎日を大きく変えてくれるかもしれません。
niko*hana -にこはな-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です