プリザではなくドライフラワーでもなく。生のお花を教える事に一生懸命な理由

にこはなは、お客様の要望もあって、以前はプリザーブドフラワーも取り扱っていました。

今はほぼ生花ひとすじ!
(生ものでない方が良いと判断される場合は、完全なツクリモノであるアーティフィシャルフラワ―をオススメしています。)

実は、生花でない方が小さな教室ではロスがないし、お手入れが不要なので楽なのです。
なのに、なぜ”フレッシュ”な生のお花にこだわっているのか?についてお話しようと思います。

生花ってやつは、とにかく手がかかる子なんです!

新鮮な花材を市場で直接仕入れています☆彡

よく聞くセリフですね。

まぁ、そうなんです。
にこはなも命がけで市場を走り回って、状態のよいのもの、素敵なものを選んで買い付けています。

けれど、市場から新鮮なお花を買ってきて、それでさぁ、どうぞ!とはいかないのがこの子たちなんです。

まず。水揚げしなきゃならないのです。
(水揚げとは、一度水からあげられたお花や元気がなくなったお花を、吸水を良くして元気が出るようにしてあげる事)

そのお花材の種類によっていろいろなパターンがあります。
切り口を再度切ったり、手で折ったり、たたいたり。
仮死状態になっている子は、湯上げと言って暖かいお湯に一度つけたり。

そして、レッスンに向けて仕分けします。

ただ数を合わせるだけじゃありません。
花びらに傷がついていないか?を確認し、つぼみの数を数えたり、咲き過ぎている子をはずしたり。

まだつぼみの堅い子は開花調整が必要なので、お日様に当てなくてはならないのですが、お日様は一カ所にいてくれません。
お日様の移動とともにお花も移動させています(笑)

そして、レッスン後には、余った花材を生きている限りお世話します。

生花の良いところ。まさに「生」を感じるところ!

そこまで手がかかるのに、なぜあえて「生花」にこだわるのか。

それは、「生きている」からこそ感じる「命」のオーラなのだと思うのです。

見ているだけで顔が優しくなる。
優しく取り扱ってあげたいと思う。
なんとなく元気がでる。

この生きているからこそ放つオーラから受け取るパワーが、お花の魅力だと思うのです。

フラワーアレンジメント 教室 生花

お花の組み合わせは無限!同じものは二つとないのだ

そして、このお花たち、本当に個性的。

同じお花、同じ色でも、本当にひとつとして同じものはないのです。
(世界で一つだけの花、にもありますよね(*^^*)

つまり

同じ作品はぜーーーったいにできないってこと。
そして、お花の組み合わせはまさに無限大!

なんだか、ワクワクしませんか?

私はほんとにワクワクします。

一つ一つ違う。
そして組み合わせによって、新しい顔を見せてくれる。
だから本当に飽きないんです。

フラワーアレンジメントとは・・・お花との勝負!てことなんです。

この楽しさをたくさんの人に知ってもらいたい、そのために日々頑張ります!

 

最新情報をチェックしよう!