生産者さんがこだわりをもって作り、届けてくれる素敵なお花をもっともっと知ってほしい

フラワーアレンジメント
フラワーアレンジメント

お花って、道端を歩いていたら雑草もあるし、花壇にも植えてあったりします。
そういう意味では、とても身近な手が届くところにあるもの。

お仏壇などがあってお花を絶やさない、という方からみると日用品という位置づけだったりしますよね。

ホテルとかで宴会などを盛り上げるときには、装飾品として扱われます。

そして、デザイナーさんの手にかかれば、展覧会などで芸術品にもなっちゃう。

同じ「花」というものなのに、こんなにいろいろなものに変化をするものって他にない気がします。

その目的によって同じ「花」でもさまざま。なのに同じ価値観で見ていませんか?

にこはなで使用しているお花は、おそらくみなさんが身近で見ているお花よりお高いです。
でも、全く同じお花が他より高いわけではなく、身近な花屋さんで見かけるお花とは種類や色味が違っているのです。

近所のお花屋さんで売っているのは、基本、仏花やちょっとしたギフト用のお花。
(それが一番売れるからです)
仏花であれば日々必要なものなのだし、プチギフトならそれほど高くないものがほしいはず。
だからできるだけリーズナブルなお花が求められますよね。

じゃあ、リーズナブルなお花ってどなもの?と言えば、
・技術的に作りやすいお花
・華やかな色でギフトに使いやすい形・大きさのお花(つまり需要が多いもの)
・旬のお花
という感じです。

じゃあ、にこはなで使っているお花は?というと、
・オリジナルのおうちサイズのアレンジメントにぴったりなサイズ感のお花
・アレンジメントに遊び感を持たせてくれるちょっと癖のあるお花
・見ていてほっとする色合わせのためにこだわった色味のお花
だったりします。

そういうお花は、技術的に難しいものだったり、生産者さんのこだわりがぎっしり詰まっているお花だったり、需要が大きくない、形が変わっていて使用するにはテクニックがいるお花だったりします。
なので、その価値の分だけ価格はどうしても高くなってしまいます。

フラワーアレンジメント スカビオサ 変なやつ
今回のレッスンで使用した子。「スカビオサ 変なやつ」
(変じゃないよ~かわいいよ~と言ってあげたい)
スカビオサって、基本こんな感じのお花なんです。

スカビオサ

生産者さんがこだわりをもって作ってくれたお花たちの価値をもっと知ってほしいのです

生産者さんがこだわりをもって大事に作って出荷してくださったお花たち。
残念ながら、その姿をなかなか近くのお店で見ることができません。

なぜか?と言えば、
 ・その価値が世の中にきちんと広まっていない
 ・そのお花を使いこなせるウデを持っている人が少ないので使われない
ことが原因で売れないからでは?と思っています。
(希少価値であまり出回っていない場合もありますが)

なので、お花は日用品としてのお花もあるけど、インテリアとしてのお花もある。そしてそれらは全く同じものではないよ~ということを知ってほしいし、その個性を生かして飾るテクニックを身に着けてほしいなぁ。。。と、常々思っているのでした。


 JR総武線 下総中山駅から徒歩13分
 東京メトロ 原木中山駅から徒歩7分
 あなたの毎日がくるりと変わる!恋する花教室
 niko*hana -にこはな-


フラワーアレンジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です