フラワーデザイナーになりたい・・・そんなあなたに現場経験者だから伝えられること

 

前回の投稿で、「お花の仕事をしたい」→「フラワーデザイナーになりたい」を選んだ方へ、じゃ、どうしたらよいの?という疑問にお答えします。

求人情報誌などで「フラワーデザイナー募集!」とか見かけると思いますが、その意味は本当に様々です。
その場所が町のお花屋さんであれば、「お店でフラワーアレンジメントの制作をする人」を意味しているかもしれません。
それは、例え接客やお花の世話がメインだとしても、「フラワーデザイナー」とした方がなんとなく格好が良い感じがして希望者が集まりやすいからですよね。

また、企業などで商品企画をする方も「フラワーデザイナー」と言われていると思います。

この投稿でいうところの「フラワーデザイナー」とは、空間装飾などを手掛ける芸術家寄りのフラワーデザイナーのことを意味します。
もしお店でギフト用のフラワーアレンジメントを作るようなお仕事でしたら、2のお花屋さんで接客の方をご覧くださいね。

フラワーデザイナーになるために必要なのは、資格よりも経験です!

以前もお話したことがありますが、「フラワーデザイナー」になるためには「資格」は必要ありません。

「資格」よりも必要なのは、「経験」。
そう、当然ではありますが、いきなりデザイナーにはなれません。
資格を取ったとしても、経験を積むことは必須です。

もし、それでも「資格があった方が自信がつく」とか「お花の仕事に結びつきやすいかもしれない」と思うなら、一度資格が取れるスクールに通うのもいいかもしれません。

でも、もしどうしても働く前に勉強しておきたい!というのであれば、にこはな的にはお花の専門学校に通うという方法をお勧めしたいです。

なぜなら、専門学校は技術を教えるだけではなく、現場でお手伝いなどをさせてもらったりと実際の仕事に触れる機会を与えられるらしいと耳にしたからです。(ココは未経験なので゛メンナサイ)
多少なりとも現場のことを知っていると、実際に働き始めた時に戸惑いなどが軽減されるのでは?と思います。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーになるために必要な経験や知識を得るためにお勧めしたいのは、こんな会社

フラワーデザイナーへの一歩を踏み出したい!と思ったあなたに一番おすすめなのは、ホテルなどにテナントを持っている会社で働くことです。
そういう会社は、そのホテルのパーティー・ブライダル、ホテル内の装飾を一手に引き受ける部署も持っているのです。
(そういう会社では、宴会装花とかなどの求人があるそうです)

かくいうにこはな講師中村も日比〇花壇に勤務時代、いくつかのホテル店でさまさまな経験をしました。
直接手とり足とり教えてもらうことはありませんでしたが、基本的な雑務の中でいろいろなことを学んだり、素晴らしい作品を見る機会をあったりと、学べることがたくさんありました。
(特に帝〇ホテルでみた作品は、今でも脳裏に焼きついている至極の作品でした:中村談)

最近は、こだわりのウェディング専門のお花の会社もできているので、そういうところも良いかもしれません。
ただ、そこの会社がどのような思いをもってどんな作品を作っているのか、よーく見て判断してくださいね。
中には、リーズナブルだけをウリにしている業者もあり、そういうところでは正直、学べることも少ないかな、と思います。

フラワーデザイナーへの道のりは長く険しいことを覚悟しましょう

経験を積んでいる間は、正直全然華やかではないし、つらいことや苦しいことがたくさんあると思います。
でも、日々のただの雑用に見える仕事も、確実にあなたの中で「何か」になっていて、必ずそれらが積み重なっていつか何にも代えられない「力」になっていきます。

フラワーデザイナーになりたい! その気持ちを持ち続けて、素敵なデザイナーさんになってくださいね。

注:あくまでこれは私たちの見解です。参考にしていただけたら嬉しいです(*^^*)


 JR総武線 下総中山駅から徒歩13分
 東京メトロ 原木中山駅から徒歩7分
 あなたの毎日がくるりと変わる!恋する花教室
 niko*hana -にこはな-


フラワーデザイナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です